渋谷の街を彩る桜色とてち。デジタルハリウッド大学の広告

スポンサーリンク

現在渋谷や新宿を中心に掲示されている、平手友梨奈を起用したデジタルハリウッド大学の広告を見るため、渋谷に行きました。

まずJRのハチ公口改札を出て、スクランブル交差点側に出ます。すると、東急百貨店天ビルに今回の掲示でも最も大きな広告を見ることができます。あまりの大きさに、交差点を渡った先でもはっきりと目にすることができます。そしてその広告の足元、駅前の広場にも大きな看板がありました。

次に。スクランブル交差点を正面方向に渡ると、渋谷TSUTAYAのビル右側に巨大な広告、さらに信号を渡ったビルの左側には別カットの広告がでかでかと飾られていました。

続いて。今度はハチ公口改札を右側に抜けて、右手側のエスカレーターを降ります。すると、降りた先に平手友梨奈が(広告が)待っています。

さらに進むと、階段・エスカレーターの上を広告が飾っています。

で、そこを降りずに右側の通路を見てください。壁いっぱいに広告が貼り出されているではありませんか。普段の人通りはわかりませんが、私が見に行った午後7時前は誰も通らなかったので、その空間を一人占め出来ました。ラッキー。

桜色の背景にたたずむ一人の少女という、シンプルゆえにてちの魅力とメッセージがストレートに伝わります。「みんなを生きるな。自分を生きよう。」

この広告は3/16(火)から2週間掲示されるそうです。ぜひ一度生で見てみてください。