百合の花と平手友梨奈「AERA(アエラ) 21.1.18号」

スポンサーリンク

1/9(土)発売「AERA(アエラ) 21.1.18号」の表紙に平手友梨奈が登場しました。

百合の花と合わせたかのようなピンクのアイシャドウがよく映えています。

「表紙の人」として1ページ、その他3ページ掲載されています。

写真は再びタッグを組むこととなった蜷川実花さんによるもの。花×光×平手友梨奈の掛け合わせ方をよく存じていらっしゃるなぁという印象を受けました。

インタビューでは「さんかく窓の外側は夜」と「ザ・ファブル」について話しています。さんかく窓については原作にも触れて欲しいと話していました。原作を読んだてちがどうやって「非浦英莉可」を演じるのかが気になっているので、原作を買いました。映画の公開までに読みます。

また、洋画を中心に映画を観るというてちが日本映画と比較して思ったことが、自分も思っていたことなので嬉しかったです。