櫻坂46 1stアルバム『As you know?』紹介&パネル展レポ!

スポンサーリンク

8/3(水)に櫻坂46の1stアルバム、「As you know?」が発売されました。

これまで発売されてきたシングル曲を中心に、新曲も収録されたアルバムになっています。

新曲紹介

Overture

ライブの最初に流れるOvertureが、ついに音源化されました。

私はライブ後に、ウォークマンでセットリスト組んで聴いたりするので、とてもありがたいです。逆にライブ前にこの曲を聴きながら現地に向かうと、さらに気分が盛り上がりそうです。

摩擦係数

このアルバムのリード曲です。森田ひかる・山﨑天のWセンター曲で、曲とMVともにかっこいい仕上がりになっています。

MVの個人的に好きなシーンはブレイクダンスのところですね。その他の見所については過去に紹介していますので、そちらをご覧ください。

条件反射で泣けて来る

欅坂46のときに「エキセントリック」「危なっかしい計画」など、印象的な曲を数々提供してくれている「ナスカ」が作曲した曲です。

歌詞に「麻布十番」「ピーコック」などの地名や店名が入るラップ調の曲で面白い。それとピアノ。特に2番の転調がめちゃくちゃかっこいい!

One-way stairs

藤吉夏鈴・森田ひかるのなかよしコンビが初めてユニットを組んだ曲です。

「夢はありますか?」「面白い話ししようか」とセリフが入っていたり、全体的にかっこいい曲調になっています。きっとダンスもかっこいいものになると思うので、早くパフォーマンスが見たい楽曲のひとつです。

タイムマシーンでYeah!

1期生による楽曲。櫻坂史上いちばん盛り上がる曲となりそう、ライブで披露したら楽しいこと間違いなしの楽曲です。ライブ会場の花道を端から端まで使って楽しそうに歌うメンバーの姿が想像できます。

ずっと春だったらなあ

井上梨名・大園玲・田村保乃の2期生3人によるユニット曲です。この組み合わせは珍しいですね。

センター経験のある保乃ちゃんや、いのりちゃんの安定した歌唱力と、玲ちゃんの優しい歌声がマッチしています。曲名の通り、春を想ってエモくなる曲です。「ゆ~ら、ゆ~ら、ゆらりゆらり」とおもわず口ずさんでしまいます。

発売記念・パネル展示

全国のCDショップにて、発売を記念したパネル展示が行われました。

その中でも今回、「SHIBUYA TSUTAYA」と「HMV&BOOKS SHIBUYA」の展示、そして「渋谷ストリーム」に展示されているアートワークを見てきました。

SHIBUYA TSUTAYA

8/2(火)の展示開始日(フラゲ日)に見に行って、それから発売当日にメンバーがサインやメッセージを書き入れたものを、後日また見てきました。

こちらはメンバーごと。

HMV&BOOKS SHIBUYA

展示されている写真は基本的に同じでしたが、フロントメンバーが写ったポスターがあったり、冊子をもらってきました。

渋谷ストリーム

帰り道によるので、見に行くのが都合上夜になってしまうのですが、その場合だと薄暗くて少し見づらいです。空いてますけどね。

展示が始まったタイミングでまず見に行きました。展示された写真に空欄部分があって、あえておしゃれでそうしているのかなと思っていましたが、発売日にそこに写真が追加されました。